マネー画像

FX取引をする際の必勝法とは?

FXの取引をするなら、最低限意識しておかないといけないことがあります。これをやれば絶対に勝てるというワケではありません。が、これをやれば大負けはしません。

FXでも、商品先物でも、株式投資でも、基本は一緒なのです。「勝つこと」よりも「負けないこと」が大事。もっといえば、「大負けしないこと」が大切なのです。

以下、FXの基本の基本、必勝法ともいえることをあげます。

ストップロスを設定する

ストップロスとは、損切りラインを設定することです。損切りしても、また新しくポジションを持つことができると考えましょう。逆に言えば、損切りせず大負けしたら、もう市場に参加できないかもしれないのです。ベテランでストップロスを設定をしない人はいません。FXで負けないために絶対にストップロスは設定してください。

根拠のある新規注文と決済を

新規注文にしろ、決済注文にしろ根拠のない予測に基づくのではなく、実際に相場が上向いたらこう動く、下向いたらこう動くと相場の動きをみて、根拠に基づいて新規の注文をしましょう。

自分の予測を信じる

基本的に、予測は自分でする。そして、他の人の予測は信じない。あくまで投資は自己責任です。アナリストや投資家などの予測を信じて行動しないことです。株でも何でもそうですが、「上がる」というひとと「下がる」というが両方います。

落ち着きを持ったトレードを

勝ちたいと思うのは当然です。しかし、勝ちたいと強く思ってしまうと、それが焦りとなり、失敗の原因となってしまうことも多々あります。大切なのは、焦らないこと。相場は常に動いていますが、5年後も10年後も存在はしています。投資は期間限定でするものではないんです。

これがとても難しいのですが、勝つためには「勝ちたい」気持ちを抑えることです。負けた分をどうしても取り返そう、というときが一番危ないのです。とにかく冷静になって、焦らない。負けた分はすぐに取り返す必要はありません。